職業訓練を利用する時の注意点

失業からの職業訓練という選択肢

職業訓練で学ぶ新しいスキル

みなさん、この世の中についてどのようなイメージをお持ちでしょうか。
大人になると、自己責任という言葉が付いてまわります。
すなわち、自分の言動には全て自分で責任を取れ、ということです。
しかし、日本の社会には様々な制度が整っていて、それを知っている人だけが得をしているという事実が非常に多くあります。

そのひとつが職業訓練という、厚生労働省公認の就職応援サービスです。
これは無料で受けることができます。

職業訓練の目的は、就職することです。
また、職業訓練の受講条件に、過去一定期間職業訓練を受講していないことという項目があることから。この機関は受講者に一生の柱となる職業を見つけてもらいたいという狙いが見て取れます。
実際、職業訓練受講者の就職率は非常に高く、各コースばらつきはあるものの、多くのコースで90%以上の就職率を修めています。

また、職業訓練というのは新しいスキルを身につけたうえでそれを新たな仕事とする目的で行われているので、決して資格取得で満足してはいけないし、そもそも職業訓練を受けたからといって就職が保障されているわけではありません。

しかし、失業後に一生懸命、就職訓練で自分のスキルを磨いたことや、新たな分野に興味を持ち向上心にあふれている人材であれば企業は必ず魅力を認めてくれるでしょう。

職業訓練の意義は自分のスキルを磨くことにあるとされていますが、私はそれ以外にも社会経験を経てもなお新たなことへ挑戦するというチャンスを与えてくれるすばらしい教育現場だと思います。