失業からの職業訓練という選択肢

新しい一歩を踏み出す

常に再就職を目標に

職業訓練は、高校や大学とは違い、卒業することに意義はありません。
カリキュラム終了証を見せるより、スキルの高さを証明できるものを見せたほうがよっぽど効果があります。

したがって、訓練中だからといってその環境に浸るのではなく、訓練中でも自分にあった求人を見かけたら積極的に挑戦するべきです。
なぜなら、職業訓練中は給付金があるのですが卒業するとなくなってしまうため、そこから急いで就職活動をしてもうまく行くケースがなかなかないためです。

訓練中は課題などが忙しく、なかなか自分の時間をとれないことも多いので、手軽に職業を探せる転職サイトを活用する方が多いようです。
いずれにせよ、常に自分でアンテナを張り、直ぐに行動する意識を持つことが再就職成功のカギとなります。

職業訓練者の主な就職先

職業訓練はひとつの手段であり、教育機関とは異なります。
したがって、職業訓練でエンジニア系を学んだ人と大学の専攻でエンジニアを学んだ人では、後者が圧倒的に有利な立場にあります。

実際の声を聞いてみても、職業訓練後に満足のできる就職をした人は一部しかいないと言っています。
つまり、大半の人は職業訓練を受けたのにもかかわらず再び厳しい就職に追い込まれてしまったのです。

しかし、そこには大きな原因がありました。
職業訓練とは、知識の初歩を教えるだけ。
つまり、自分でその先を勉強しないと、教えてもらったのに役に立たないという事態になってしまいます。
職業訓練を毎日やり続けるのはとてもきついことですが、何かのスキルを習得するというのは簡単ではありません。

この期間だけでも、受験生に戻った気持ちで全てをかけて努力した人が満足の行く就職先に恵まれたのでした。